当研究室について

“電動モビリティ研究室”とは

なぜ“電動モビリティシステム”の研究なのか?

 人類はエネルギーを自由に使うことで,便利で豊かな暮らしを実現してきました。しかし,地球上のエネルギーには限りがあります。
 このような課題の一つの解決手段として,エネルギーとしての伝送・変換効率のよい電気エネルギーを広く使う方法があります。そのためには,高効率,高精度,高速な電力変換を実現するための,ハードウエアとその制御が必須です。これを実現する技術がパワーエレクトロニクスという電力を自在に制御する技術です。
 一方,鉄道は古くから電気駆動が普及し,自動車,航空機は最近,電気駆動の適用が広まっています。これら“動くモノ”の電動化には,電力の供給,電気エネルギーの貯蔵,電力変換,電気・機械エネルギー変換を小型・軽量な機器で高精度・高速に実現する技術が不可欠です。これらの技術は世の中で電気エネルギーを利用する上でいずれも必須の技術です。すなわち, 電動モビリティシステムの研究を行うことは,世の中で高効率な電気エネルギーの利用を促進することにつながる,と考えます。
 早稲田大学先進理工学部(同研究科)の電気・情報生命工学科(同専攻)の電動モビリティシステム研究室(近藤研究室)は近藤圭一郎教授の早稲田大学着任とともに2018年4月に開設された新しい研究室です。
近藤研究室では,主として,
 ・動くモノに手軽にかつ高効率に電力を送るワイヤレス給電技術
 ・動くモノのエネルギーを有効活用するための電力制御技術と蓄電装置・燃料電池応用技術
 ・高性能な電気・機械エネルギー変換のためのモータドライブ技術とモータに関する研究
を主たる研究のフィールドとしています。
 また,研究の特徴として,企業などと共同研究を通じて,これらの実用的な研究を行っています。

詳しい研究テーマ紹介はこちらをご覧ください。